目のかすみを感じたらアイケアでリフレッシュ

アイケアにはアイケア点眼液がうってつけ!【自分の目は自分で守る】

ドライアイ以外の使い方

鏡を見る女性

アイケア点眼液はドライアイに悩んでいる人に向けて作られた医薬品です。もっと具体的に紹介すると、アイケア点眼液は角膜上皮障害治療薬の1つで、ヒアルロン酸を主成分としているため安全性が非常に高く、かつ優れた保湿効果を備えています。そしてメリットの1つとして、医薬品でありながら価格がとても安いという特徴を持っています。なぜ安いかと言うと、実はアイケア点眼液は既存の医薬品のジェネリック医薬品だからです。対象となる医薬品の効果とほとんど同じ効果でありながら価格が安めという、利用者にとってはとても嬉しい存在なのです。

アイケア点眼液の主な用途はドライアイの改善や予防などです。基本的に目の保湿を維持するために使われる傾向があります。ただ、このアイケア点眼液が他の用途で使われることもあります。その用途として、シェーグレン症候群やスティーブンス・ジョンソン症候群などの改善が挙げられます。シェーグレン症候群は自己免疫性疾患の1つで、眼や口腔内が乾燥状態となる症状です。スティーブンス・ジョンソン症候群はウイルス性の疾患で、皮膚や粘膜に程度の重い紅斑や水泡などの症状が現れる症候群となっています。このスティーブンス・ジョンソン症候群は敗血症や多臓器不全などを理由に命を落とす恐れがある、極めて危険な疾患です。死を免れたとしても、後遺症としてドライアイもしくは失明にかかることがあります。これらの疾患の治療薬として使われるのがアイケア点眼液です。アイケア点眼液は医薬品なので、医師の指示に沿った使い方を守るようにしましょう。そうすればこれらの疾患の回復を期待できます。

副作用や用量をチェック

アイケア点眼液の主成分はヒアルロン酸なので、体に取り入れてもこれといった副作用が生じることはありません。ただ、稀に軽度の副作用が現れることがあります。目のかゆみや充血などです。

原因と治療法の具体的内容

ドライアイは、涙の異常によって発生するものと考えられています。この涙の異常は生活環境が大いに関係しています。もしドライアイになった場合は、アイケア点眼液の点眼をはじめとしたいくつかの治療法によって治療していきます。

市販品でも大丈夫

ドライアイの改善にはアイケア点眼液による治療が一般的ですが、市販品として販売されているドライアイ用の目薬でも、ちょっとした効果は得られます。紫外線対策をすればさらに高いドライアイ対策が図れます。