目元を押さえる人

アイケアにはアイケア点眼液がうってつけ!【自分の目は自分で守る】

原因と治療法の具体的内容

眼科検査

ドライアイになる原因は、ずばり涙の異常です。ただその背景となる部分は、目の手術によるものであったり、その人の普段の目の使い方であったりと、実に様々です。携帯電話やパソコンを長く見ることによってまばたきの回数が少なくなり、涙が乾きやすくなる、というのも原因の1つと考えられています。また、生活の中で蓄積されたストレスが涙の分泌が少なくなるのが影響している、という考えもあります。これらのことから、ドライアイは生活環境と大いに関係していることが分かります。

「自分はドライアイなのでは」と思うことがあれば、すぐに病院に検査に行きましょう。病院では、涙の量を調べる「シルマーテスト」と呼ばれる検査や涙の安定性を調べる顕微鏡検査などの検査を勧められます。もしこれらの検査の結果でドライアイであることが判明したら、点眼治療や涙点プラグなどの治療法を提案されます。点眼治療はドライアイにおける治療法の中でも特にメジャーなもので、点眼薬によって目に潤いを与えることを目的とした治療法となっています。点眼薬には主にアイケア点眼液が用いられますが、これはヒアルロン酸を主成分とした安全性の高い薬品となっています。涙の安定性を図るために行われる涙点プラグや自分の血液から作った血清を点眼する血清点眼などの治療法に比べると、アイケア点眼液を使った治療は手軽で即効性のある方法と言えるでしょう。ただドライアイの程度が重篤であると診断された場合は、前述した点眼治療以外の方法や温熱療法などが取られることもあります。一番考えなければならないのは、ドライアイを生んでいる原因を突き止めると同時に、目を休ませることです。アイケア点眼液を使いながら目を休まることを守れば、軽度のドライアイであれば十分な効果が得られるはずです。アイケア点眼液は病院で処方してもらえる薬なので、使いたいという人は専門の病院に検査に行きましょう。