目元を押さえる人

アイケアにはアイケア点眼液がうってつけ!【自分の目は自分で守る】

副作用や用量をチェック

眼球

アイケア点眼液とは、文字通りアイケア、つまり目のケアに効果のある点眼液のことです。主成分はヒアルロン酸で、ドライアイの改善に高い効果を発揮してくれます。ヒアルロン酸は人間の体内にもともと入っている成分なので、危険性も無ければ副作用の心配も要りません。ただ使い方やその人の体質によっては、いくつか軽度の副作用が発生することが確認されています。その具体的な内容として、目のかゆみ、充血、眼瞼炎などが上げられます。ただ前述した通り発生頻度はかなり低めです。万が一これらの副作用が続いたり、ここに挙げてないような副作用が発生したら、薬剤師かもしくは処方医に相談に行きましょう。

アイケア点眼液の1日あたりの用量の目安は、1回1滴の5・6回点眼となっています。症状の程度によって若干の増減がある場合もありますが、基本はこの内容ということを覚えておきましょう。長い時間点眼し忘れていたとしても、慌てて2回分さすようなことはやらないようにしてください。もし一度に2滴以上点眼してしまった場合は、医師や薬剤師などにその旨を伝えましょう。

アイケア点眼液の保管場所は、直射日光が当たる場所や高温になる場所以外の場所であれば問題ありません。容器を入れ替えたり、使用中の点眼液の容器の中に別のものを入れたり混ぜたりといったことは絶対にしないようにしましょう。品質が変わってしまい、それをさすと目や体に以上をきたす恐れがあります。